プロミスの審査は比較的柔軟傾向と言われております。

プロミス審査に通った方々の属性を見てみると、職業にはこだわらない会社である事がわかりますし、年収自体にもこだわらない傾向にあると思います。

例えば年収100万円未満の方の場合もプロミスキャッシングを申込んで可決情報がありますし、年収は500万円以上ですが、水商売という方の審査可決情報もあります。

中には、働きだして間もない20歳前後のアルバイト店員による審査の可決情報もありますので、プロミスの審査傾向は年収や職業に関係なく融資が実現するという事がわかります。
一般的に消費者金融業者の融資に伴う審査は、以前から柔軟で融資に前向きな融資会社である事は確かですが、総量規制等により最近は以前より若干厳しくなっているのも事実です。

ですが、プロミスの場合は「20歳以上」で「定期収入がある」方ならどなたでも利用可能なので、属性のレベルに関係なく返済能力があると見なされれば融資が行われますので、傾向としてはやはり柔軟傾向の審査だと思います。
プロミスは、一般的には審査が難しいと思える方の融資も実行されている傾向にありますので、他消費者金融会社よりも柔軟傾向の融資会社であるという事が考えられます。

ただし、どんなに柔軟傾向の融資会社でも「返済能力の無い人には貸しません」ので、個人情報の状況により審査が実現しないケースももちろんあります。

当然、返せない人には貸さないという事になりますが、返済履歴等に問題がある場合はいくら高収入の申込み者であっても融資は難しくなりますし、借入状況がすでに年収の3分の1以上になりそうだという場合にもやはり融資は厳しくなると思われます。

また、今までの借入状況等も個人情報機関を調べるとすぐにわかりますので、返済、利用等に何らかのトラブルがある場合は、いくら柔軟審査のプロミスでも融資は難しくなる事は言うまでもありませんし、破産の経験がある等の場合も当然融資は厳しいと考えなくてはいけません。